OBAYASHI - Smart BIM Standard

TOP

SmartBIMStandard

大林組のBIMモデリングルールを公開します!

NEWS

  • 2023.3.27

    「ドアファミリの使い方」に関する資料をアップしました。
    HowToUseDoor.pdf と DoorPanels.pdf があります。ダウンロードはこちらから。

BLOG

最新記事

2023.3.31

BIMの難しさの正体(1)-プロセス管理

今回から、BIMの難しさの正体を「プロセス管理」「利用目的」「情報定義」の3つの観点から掘り下げていきます。第一回目は「プロセス管理」についてです。 BIMデータを「使う技術」は日々メディアを賑わせています。ロボット施工...

2023.3.17

「設計施工BIM一貫利用」への近道

国土交通省主催の建築BIM推進会議で、BIM活用の現状は、「設計、施工のプロセスごとに個別に活用され、プロセス横断的な活用(つまり「設計施工一貫利用」)はあまり行われていない(※1)」とされています。またプロセス横断型の...

MESSAGE

BIM運用のベストプラクティスを見出すための
大きなヒントに

このたび大林組は、大林組のBIMモデリングルールである「Smart BIM Standard」を公開することといたしました。
大林組は2018年にSmart BIM Standardの初版の運用を始め、改良を重ねながら、国内外の建設プロジェクトのBIMに適用してまいりました。あくまでも社内ルールとして整備してきたものですが、そのコンセプトやルール化の方法、それを適用したファミリやテンプレートなどが、同じようにBIMで建設プロジェクトに取り組むゼネコンや設計事務所はじめ、さまざまな方々の参考になるのではないかと考えました。

ただし、BIMの運用や建設プロジェクトの遂行方法は各事業者によって状況が異なるので、大林組のルールをそのまま適用しても、上手くいくとは思っていません。またルールの意図するところをご理解いただかないと、なぜこのようなことを守らなければならないか疑問が残るものだと認識しています。そこで、今回の公開では、「Smart BIM Standard」のコンセプトをご理解いただき、具体的なファミリやテンプレートを参考にして、同じ考え方に基づいた、各事業者それぞれのルールを作成いただくことをめざしています。

そのためにこのWebサイトでは、大林組のBIMに対する考え方や「Smart BIM Standard」のコンセプトを中心に、ルール、ファミリ、テンプレートそのものより、それに求められる要件、それが必要となる考え方から、発信してまいります。ファミリやテンプレートはコンセプトを理解いただく上で参考になる程度に留めています。すぐに使える実利的具体的なルールやファミリ、テンプレートを求めてアクセスいただいた方にとっては、期待はずれかもしれません。コンセプトの説明においても、最初にBIMの難しさを掘り下げ、それを解消するためのモデルの在り方を考えていくようなアプローチをとっています。とても回りくどいと感じられるかもしれませんが、何卒ご一読のほどよろしくお願いいたします。
皆さんがBIM運用において悩む場面で、ベストプラクティスを見出すための大きなヒントとなることを願っています。

CONTENTS

あなたに適したStandardを

SBSのコンセプトを理解する

Smart BIM Standardとは

運用方法を知る

管理のポイント

コンテンツを知る

コンテンツ一覧